/,イタリア,柔らかな果実味と繊細なミネラル感が魅力。,www.carnedeconejo.es,750ml,2926円,トレンティーノ・アルト・アディジェ,フォラドリ,オレンジワイン,ビール・洋酒 , ワイン , その他,2019年,マンツォーニ・ビアンコ・フォンタナサンタ,/dullification666922.html,ワイン 2926円 柔らかな果実味と繊細なミネラル感が魅力。 ワイン オレンジワイン 2019年 マンツォーニ・ビアンコ・フォンタナサンタ / フォラドリ イタリア トレンティーノ・アルト・アディジェ 750ml ビール・洋酒 ワイン その他 2926円 柔らかな果実味と繊細なミネラル感が魅力。 ワイン オレンジワイン 2019年 マンツォーニ・ビアンコ・フォンタナサンタ / フォラドリ イタリア トレンティーノ・アルト・アディジェ 750ml ビール・洋酒 ワイン その他 柔らかな果実味と繊細なミネラル感が魅力 ワイン オレンジワイン 2019年 マンツォーニ ビアンコ フォンタナサンタ トレンティーノ 750ml 新作 アディジェ イタリア フォラドリ アルト 柔らかな果実味と繊細なミネラル感が魅力 ワイン オレンジワイン 2019年 マンツォーニ ビアンコ フォンタナサンタ トレンティーノ 750ml 新作 アディジェ イタリア フォラドリ アルト /,イタリア,柔らかな果実味と繊細なミネラル感が魅力。,www.carnedeconejo.es,750ml,2926円,トレンティーノ・アルト・アディジェ,フォラドリ,オレンジワイン,ビール・洋酒 , ワイン , その他,2019年,マンツォーニ・ビアンコ・フォンタナサンタ,/dullification666922.html,ワイン

柔らかな果実味と繊細なミネラル感が魅力 ワイン オレンジワイン 2019年 マンツォーニ ビアンコ フォンタナサンタ トレンティーノ 750ml 新作 アディジェ イタリア フォラドリ サービス アルト

柔らかな果実味と繊細なミネラル感が魅力。 ワイン オレンジワイン 2019年 マンツォーニ・ビアンコ・フォンタナサンタ / フォラドリ イタリア トレンティーノ・アルト・アディジェ 750ml

2926円

柔らかな果実味と繊細なミネラル感が魅力。 ワイン オレンジワイン 2019年 マンツォーニ・ビアンコ・フォンタナサンタ / フォラドリ イタリア トレンティーノ・アルト・アディジェ 750ml





2019 MANZONI BIANCO FONTANASANTA / FORADORI

土着品種の独自性と可能性を追求する生産者が
手掛けるオレンジワイン。
柔らかな果実味と繊細なミネラル感が魅力。

フォラドリはトレンティーノ・アルト・アディジェの土着品種テロルデゴの造り手として一世を風靡したビオディナミの造り手。こちらは、長時間の浸漬を行って生み出されるオレンジワインです。凝縮した果実味に深みのあるミネラル感が綺麗に調和したスタイルが特徴。非常に繊細で美しいバランスを持ち合わせています。 


味わい

グラスに注ぐとやや濁ったオレンジがかった黄色い色調。ドライフルーツやラベンダーを思わせるアロマに、ほのかにキャラメルの香りが重なります。口当たりはスマートで、程よいミネラルの奥に凝縮した果実味や土のニュアンス。非常に繊細で美しいバランスを持ち合わせています。 


ブレンド比率 :マンツォーニ・ビアンコ

熟成期間 :アカシアの樽にて12ヵ月間熟成

飲み頃 :~2026年


商品情報

こちらは赤ワインのように果皮や種も含めたマセラシオン、長時間の浸漬を行い、タンニンが感じられるほどに、しっかりと果実の要素を抽出した、いま注目のオレンジワインです。

使用されているマンツォーニ・ビアンコとは、リースリングとピノ・ビアンコの交配品種。果皮とともに1週間ほどスキンコンタクトし、セメントタンクで発酵を行った後にアカシアの樽で熟成をしています。こうして造られるワインは、凝縮した果実味に深みのあるミネラル感が綺麗に調和したスタイルが特徴。非常に繊細で美しいバランスを持ち合わせています。


生産者について

フォラドリ
FORADORI

土着品種の独自性と可能性を追求する生産者。 

イタリア、トレンティーノアルト・アディジェ州でワイン造りを手掛けるフォラドリのオーナー、エリザベッタ・フォラドーリ女史は、1990年代に土着品種テロルデゴの造り手として一世を風靡した人物として知られています。エリザベッタ女史は『より複雑なワインを造る為には単一のクローン種なんてありえない』と考え、同じ品種でも収量が多く、病気に強いクローンばかりが栽培されている現状を危惧し、20年に渡り多様なクローン種を栽培してきました。

エリザベッタ女史は、ビオディナミの先駆者と言われるロワールを代表する生産者、ニコラ・ジョリー氏との出会いによりビオディナミへと転換。ビオディナミ採用してから、畑では有機肥料は一切使用せず、自家製のプレパラシオン(牛の角に詰めた牛糞)のみを与え続け、土壌に自らの力を取り戻させることに努めています。さらに、発酵、醸造にはスペイン産のアンフォラを使用。陶器製のアンフォラは、ワインにとってちょうど良い酸素供給をしてくれます。さらに首まで地中に埋めて使用するため、熟成中にも土壌のエネルギーを取り入れることが出来るのです。

エリザベッタ女史はブドウの樹が整然と並んでいることは、自然な状態ではないと考えており『表面的には有効に見える"テクノロジー"は、ワインを本来のアイデンティティーとオリジナリティーから遠ざけてしまうものだ』と語っています。


生産地について

イタリア>その他イタリア>トレンティーノ・アルト・アディジェ

安定した品質のワインを生産するイタリア最北端の地。 

イタリア最北端の地であり北はスイス、オーストリアと接する州。その為、ドイツ・オーストラリアの言語や歴史的な風習の影響を強く受けています。北部アルト・アディジェは白ワインの産地として有名で、ピノ・ビアンコ、シャルドネ、ソーヴィニヨン・ブランの他、シルヴァーナー、リースリングなどのアロマ豊かなブドウ品種が造られています。南のトレンティーノでは、生産者協同組合が多く存在し白、赤、発泡の安定した品質のワインを生産。とくにシャルドネを瓶内二次発酵させたスパークリングワイン、トレントが人気を集めており、果実味豊かなフランチャコルタに比べ、ミネラルの豊かさが特徴です。


※ 画像はイメージの為、実際の商品と若干異なる場合がございます。

柔らかな果実味と繊細なミネラル感が魅力。 ワイン オレンジワイン 2019年 マンツォーニ・ビアンコ・フォンタナサンタ / フォラドリ イタリア トレンティーノ・アルト・アディジェ 750ml

トピックス